アレグラと運動によるアレルギー症状と検査数値

アレグラはアレルギー性鼻炎や食物アレルギーの蕁麻疹などに効果が高い薬なので、スギ花粉症などで鼻づまりがひどい場合などに処方されることがあります。現在では様々なタイプの抗アレルギー薬が販売されているのでアレグラ以外の薬も処方されることがありますが、ドラッグストアなどではアレグラが人気となっていて、薬剤師による説明を必要とする第1類医薬品なので信頼性も非常に高くなっています。アレルギー検査をした場合の数値は上限値を超えると測定不能になりますが、基本的にはダニアレルギーやハウスダストなどは上限の数値を超えることが多いとされていて、数値が高いことでデメリットが増えることもないとされています。またアレルギーは運動によって誘発される場合があり、食物アレルギーと運動によるアレルギーが同時に起きることでアナフィラキシーショックを引き起こす場合があるのでアレルギー体質の児童が体育の授業などに運動をする場合には注意が必要で、アレルギー症状が出た場合には自治体のマニュアルに従って行動をして、すぐに発作止めの注射をして、症状が治まらない場合は保健室で安静にして様子を見ます。アレグラは全身のアレルギー症状に効果がありますが、飲んだらすぐに効果が発揮できるものではないので、スギ花粉の時期が来る前から服用をはじめて、毎日2回ずつの服用を花粉の時期が終わるまで続けなければなりません。アレグラは第二世代の抗ヒスタミン剤なので眠気の副作用が少ないとされているのですが、服用をして昼寝などをしてしまうと眠気が増してしまいます。アレグラで眠気を感じてしまう場合には就寝前と朝の起床後すぐに服用することで眠気の副作用を抑えることができます。