アレグラと遠赤外線効果とβラクタムによる風邪治療

アレルギー性鼻炎は鼻の粘膜に原因物質が付着することで免疫機能が過剰反応して炎症をおこすという仕組みなのですが、アレグラはアレルギー性鼻炎の治療に効果が高いとされる第二世代の抗ヒスタミン剤で、直接患部にスプレーするタイプの薬なので、眠気や集中力の欠如などの深刻な副作用がほとんどないことで人気となっています。アレグラなどの抗アレルギー薬は内服薬を服用すると眠気などの副作用が出る場合があるので仕事をしている場合などには服用するのが難しいというデメリットがありました。アレグラは第二世代の抗ヒスタミン剤なので眠気などの副作用はあまり起きなくなったのですが、体調によっては眠気の副作用が出る可能性もあります。遠赤外線は体を温めることができるので、下着などに応用されていて、遠赤外線を放射することで体を温める商品が増えています。しかし遠赤外線によって保温した場合と、衣服を着ることで保温した場合の効果の違いなどがわかりにくいことから遠赤外線による効果に関しては疑問視されている部分もあります。βラクタムは抗菌薬として開発されたもので、風邪を引いた時などに処方される薬の成分で、βラクタムを含んでいることで体内の細菌の繁殖を抑制することができるので、風邪によって体力が低下している場合でも他の感染症などを起こしにくくなります。欧米などでは風邪にβラクタムなどの抗生物質を処方することはないのですが、風邪に対する考え方が違っているだけなので、どちらが正しいのかはわかりません。βラクタムは抗生物質なので感染症を起こした場合に処方されることが多いのですが、風邪などによってアレルギー性鼻炎が悪化した場合にはアレグラと同時に処方されることもあります。