アレグラと鼻炎薬の効果と口腔内のイソジン消毒

アレグラを服用することによって鼻炎による鼻水やくしゃみを改善することができるのですが、口腔内の炎症による症状を改善するためにはイソジン消毒などをして細菌を殺菌する必要があります。喉の粘膜には風邪やインフルエンザの原因となる細菌やウイルスが付着しやすいのでアレグラなどで鼻の症状を軽減させると同時にイソジン消毒で細菌やウイルスが体内に侵入するのを防ぐことも大切です。抗アレルギー薬は従来から眠気による弊害が大きいとされてきたのですが、これはヒスタミンによる反応を抑えるために脳の集中力などをコントロールする部分を薬によって遮断することによるものだったのですが、アレグラなどの第二世代の抗ヒスタミン薬は脳に吸収されにくいので眠気や集中力の欠如などの副作用が出にくくなっています。アレルギー剤には眠くなるという印象が強く根付いているので、アレグラを服用しても眠気が出る患者も中にはいるのですが、精神的な要因で眠気を感じてしまっている可能性が高いのであまり意識をしないように心がけることでアレグラのような新しいタイプの薬を有効活用することができます。イソジン消毒は非常に優れた殺菌作用があり、喉の粘膜の消毒だけではなく、手や指先の細菌を殺菌することもできるので、医療現場などでも使用されています。市販されているものは基本的にはうがい薬が多いのですが、傷口に塗るタイプのイソジンも購入することができます。喉の粘膜の痒みに関してはイソジン消毒の刺激で軽減することもあるのですが、基本的にはアレルギー症状なのでアレグラを服用したほうが効果的なので、花粉症の時期などには事前に服用しておいて、症状を起こりにくくすることもできます。