アレグラの効果とごまなどのアレルギー物質について

アレグラは新しいタイプの抗アレルギー剤として花粉症による鼻水や鼻づまり、くしゃみなどを改善するために処方されることが多く、ドラッグストアなどで購入することができる点鼻薬としても普及しています。アレグラはすでにジェネリック医薬品がネット通販などで販売されているので、医師の処方箋がなくても簡単に手に入れることができるようになっています。また医療機関でもジェネリック医薬品を処方する薬局が増えているので、アレグラと全く同じ成分のジェネリック医薬品も一般に普及しています。ごまはアレルギー物質として食品などに表示を義務付けられていて、ごまは比較的よく知られているアレルギー物質となっています。日本においては揚げ物や炒め物などにもよく使われているので、アレルギー物質の表示が義務付けられていないレストランなどで食事をする場合などにはごまが入っているかどうかを自分で判断しなければなりません。抗アレルギー剤を事前に服用しておくことで症状を抑えることもできるのですが、予防効果はあまり強くないとされているので、アレルギー物質を体内に入れないことが一番大切です。アレグラは鼻炎薬としてよく知られているのですが、ドラッグストアで購入する場合には薬剤師の指導がないと買うことができない医薬品なので、説明を聞くための時間を必要とします。ネット通販で購入する場合にはジェネリック医薬品の場合が多いのですが、成分も効果も同じなので花粉症の時期には人気の商品となっています。花粉症が起きる1ヶ月程度前から服用を始めることで、花粉が多い季節になった時に症状を軽減することができるので、アレルギー反応がひどい患者に対しては予防的に処方されることがあります。