アレグラの効果とホメオパシーとスイカ

アレグラは比較的早く効くアレルギー剤で、くしゃみや鼻水に効果が高いので点鼻薬などとして商品化されていて、花粉の時期には医療機関で予防的に処方されることがある薬です。抗アレルギー剤は一般的には眠くなるという副作用があるのですが、アレグラなどの第二世代の抗ヒスタミン剤は口の渇きや排尿障害などの副作用がなく、さらに脂溶性ではないので眠気の副作用がほとんどないというメリットも有ります。アレルギー剤は基本的には自動車の運転などをしてはならないのですが、アレグラに関しては自動車に関する制限事項がないので、服用していても仕事などに十分に集中することができます。ホメオパシーというのは症状を起こす原因物質を薄めて体に投与することによって、健康に対するリスクを下げるというドイツ発祥の医学で、現在のアレルギー治療の現場で用いられている減感作療法などとも共通点があることからホメオパシーが注目されています。基本的にはホメオパシーはアレルギーを起こす物質を特定して、それを希釈することで人間の体に無害なものにして少しずつ取り込むことで免疫力を強くして、アレルギー体質を改善するもので、風邪などの病気に対しても症状と同じような状態になる物質を使うことで治療をすることを勧めています。スイカは食べ過ぎると水分が多いために下痢をしやすいのでホメオパシーで応用する場合には、下剤として利用することができるので、水分が多く体を冷やしてしまうものはスイカ以外でも便秘解消効果があるとされていて、またスイカを食べることで体温が下がるので、風邪を引いた時に熱を下げるためにも使用することができるので、夏風邪などの症状の改善をすることもできます。